「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
烏丸DUE
DUE

DUE

DUE

DUE

DUE

DUE

 烏丸DUE

三条烏丸の文椿ビルヂング1階のイタリアン鉄板バールのお店「烏丸DUE」
お料理の売りでもある鉄板グリドルを中心にコの字型に配置したカウンターでのバールスタイルから、窓際のテーブル席でゆったりと、、
時にはパーティー会場にもなる非常に使い勝手の良いお店。
アンティークの空気感を漂わせる床材や家具・照明器具を用いており、歴史ある洋館「文椿ビルヂング」の雰囲気に溶け込むように配慮した。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

烏丸DUE
京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町79 文椿ビルヂング1階

アクセス
・市営地下鉄「烏丸御池駅」下車5番6番出口より、徒歩3分
・京都バス・市バス「烏丸御池」下車、徒歩7分
・阪急電車「烏丸駅」下車、徒歩10分

ELEPHANT FACTORY COFFEE

エレファントファクトリーコーヒー
建物と建物との間ような、細い路地を通ってここに辿り着くと街の喧騒を忘れさせてくれそうな静けさまで感じられる場所。そんなところに古い雑居ビルの2階への階段が現れる。壁には錆びた鉄の切り文字看板が遙か前からあったかのようにさり気なく出迎えてくれる。
店内には、ところどころに置かれた古本、ざっくりとしたモルタルの壁と天井、古木を敷いた床、アンティークの椅子とテーブル、懐かしいガラスシェードのランプ、全てにおいてオーナー様のこだわりが感じられる空間と仕上がった。

設計:久和幸司設計事務所

ELEPHANT FACTORY COFFEE
京都市中京区蛸薬師通木屋町東入ル備前島町309-4 HKビル2F


大きな地図で見る
CITRON
citron

citron

citron

citron

citron

 【CITRON sucre】

シトロン
ゴージャスな宝石を思わせるお菓子の対極にあるような
飾らないお菓子教室とカフェとショップが併設された「シトロン」。
白く小さく清潔なタイル、無造作に塗られた白ペンキ、ちょっと古びた木製家具、ぶっきらぼうな鉄の扉、昔の小学校の窓枠を模したような鉄の窓枠、懐かしい蜂巣金網の収納扉。厨房は、小さいながらもお菓子工場のように機能的に。カフェスペースは、ぬくもりのあるゆるい空気が漂うように。シンプルでナチュラルな店の表情は、そのまま、おいしいお菓子づくりに誠実で懸命な店主の姿勢と重なる。

設計:久和幸司設計事務所

京都市中京区姉小路室町西入ル突抜町139
プリモフィオーレ1F


大きな地図で見る
Phooka(プーカ)
phooka

phooka

phooka

phooka

 Phooka(プーカ)

アイルランドと東欧雑貨を中心にした雑貨店。
わずか一坪強の小さな店内に、店主の伝えたい世界観が凝縮される。
大正時代の洋館建築をリノベーションした文椿ビルヂングの
階段脇の空きスペースに御縁があって出来た「プーカ」。
白いラフな塗り壁。手作り感の溢れる泡入りガラスの小窓。
素朴な鉄の看板。モザイクタイルとガラス質タイルとてんとう虫のレリーフタイル。
小さな棚に所狭しと並べられた商品は、その狭さ故に存在感を増す。
階段を上り下りする度、階段脇立地を利点として配置された小窓から、
魅力的な商品が顔をのぞかせてお客さまを誘う。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*
neutron
neutron

neutron

neutron

neutron

 neutron

新京極三条のどんつきのビルにあった人気のカフェギャラリーneutronが文椿ビルヂング2Fに移転しVersionアップしてオープン!アートをもっと暮らしの中に、というスタンスのギャラリーとして活動を続けてきたNeutronの新展開に業界やファンの期待も大きい。大正時代のハイカラな洋館でラグジュアリーな気分でお食事やアートが楽しめる。
お店中央には直径1メートル以上の大きなシャンデリアがあり、華やかな雰囲気に煌びやかな光を注いでくれている。

設計:久和幸司設計事務所

neutron
京都市中京区三条通烏丸西入る御倉町79
文椿ビルヂング2階


大きな地図で見る
OTOTO JET NEXT
ototo

ototo

ototo

ototo

 OTOTO JET NEXT

通りを行く車からも興味を引く、パティスリーかインテリアショールームと見まがう、ゆったりとお洒落な空間の魚屋さん。ショウケースに並ぶ色とりどりの海鮮おそうざいも人気だが、お客様のご注文を聞いてから希望通りにさばく新鮮なおさしみが大評判。
通りからも広々と見渡せる厨房が清潔感と実直さを伝え、新しいさかな屋スタイルをわかり易い形で提示している。

設計:久和幸司設計事務所

OTOTO JET NEXT
京都市伏見区桃山町山ノ下25-26


大きな地図で見る
Vesna
vesna

vesna

vesna

vesna

vesna

 Vesna

平野神社近くの住宅街の庭先に建つ雑貨屋。
ベラルーシ共和国やロシアの雑貨や書籍を中心に、国内外のステーショナリー、
おもちゃ、スナック菓子などを販売する。すぐ近くの大学へ通う人々のバス停前
という好立地で、バス待ち客で賑わう。下宿住まいの学生さんの足として重宝す
る自転車など、屋外にディスプレイする商品も想定し、ショップ全体を看板に見
立て、ファサードは幅広いゲートに仕立てた。

設計:久和幸司設計事務所

Vesna
京都市北区小松原北町119
営業時間 12:00-19:00・不定休


大きな地図で見る
douxce
douxce

douxce

douxce

douxce

douxce

何の変哲もないマンションの1Fの暗がりにぽっかりと浮かび上がる前景。カフェの気軽さで、本格的な創作フレンチがいただけるという店のコンセプトをはっきりと打ち出した店構えになっている。看板は、合板をくり抜いて重ねた立体的なつくり。看板下の白くペイントされた木のベンチは、京都の町家の軒先にみられるばったり床几風に壁に収納できる。順番待ちの腰掛けとしてもディスプレイテーブルとしても活用できる。

「D」をモチーフにしたロゴマークをアレンジしたファブリックが印象的なテーブルクロス、ランプシェード、クッション、ウォールアクセサリー。ロゴマークと微妙にリンクしたカラーリングのグラデーションフロアやベンチシートの統一感のあるハズシが心地よさを誘う。ウッドのナチュラル感とライティングのウォーム感が料理をよりおいしく見せる。お気に入りのランプシェードとテーブルクロスのコーディネイトを見つけて席を決める人も。ベンチシートの下は、収納力たっぷりの引き出しになっている。

トイレは使い易さ、清潔感を基本にふまえ、可愛さのあるレトロポップなコーディネイトを心掛けた。

奥の引き戸を開ければ、一転してステンレスとジオメトリックシートがシャープな印象の個室が現れる。夜はシガーを楽しんで頂くための個室と位置づけているが少人数のパーティーや、ビジネスマンの商談がらみのランチなどにも利用されている。

設計:久和幸司設計事務所