「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
ORANGE BIKE

 

ORANGE BIKE

 

京都市内に6店舗展開中の【ORANGE BIKE(清水自転車)】。

「これからは自転車の時代だ」と、先々代が東海地方の自転車製造所で修業され
地元・京都に戻りご自身の礎を作ってくれた製造所への敬意を込め
【清水自転車・京都店】として開業された歴史ある自転車屋さん。

 

残念ながら東海の元祖【清水自転車】は時代の趨勢でなくなってしまったが
【ORANGE BIKE(清水自転車)】は、日常使いからマニアックなスポーツタイプまで
幅広い品揃えと確かな技術で、地域の人々に愛されている。

 

古くなった自社ビルの鉄骨の補強など、構造部分にも踏み込んだリニューアル。
ウッド調のフローリングとチェッカープレートによる
ナチュラルさと少しハードなイメージを掛け合わせて
従来からの地元のお客様だけでなく、アウトドア好きのお洒落男子などへも訴求出来るようにした。


奥の事務所の壁面は元気の出るアイコニック・カラーのオレンジ色仕様。

リニューアル後は「狙い通りのお客様がグンと増えました」とオーナー様の弁。

お洒落な街乗り用、ママ必携の電動アシストタイプ、ちびっ子用、
あると嬉しいカスタマイズ・パーツも盛り沢山。
販売だけでなく、お修理やクリーニング、チューニングなどもお手の物。

 

ORANGE BIKE(清水自転車・常磐店)
京都市右京区常盤久保町15-20
Phone:075-872-8646
Fax  :075-872-8655

https://www.facebook.com/shimizu.bc/
http://www.shimizu-bc.info/
http://www.shimizu-bc.info/map-add-page

設計:久和幸司設計事務所
撮影:UK Architects 上平和慶

 

Doggy J Photo(ドギージェイ・フォト)

 

Doggy J Photo(ドギージェイ・フォト)

 

上桂にある人気のペットのトリミングサロン&ホテルが運営する新展開のフォトスタジオ。

上桂の【Doggy J】が、トリミングやペットホテル、ペットの幼稚園がメインであるのに対して
紫野の【Doggy J Photo】は、季節のしつらえを背景にしたペットの写真撮影が存分に楽しめるサロン。


とっておきの写真のためのトリミングスペースは衛生面と機能面を何よりも最優先に設計し
一番お似合いの洋服や雑貨を心おきなく選んでいただくために
洋服や雑貨等の物販スペースもしっかりと確保。


ペットだけの撮影ブースだけでなく、年賀状や季節のご挨拶にも使える写真を
飼い主とペットが一緒に撮れる大きなスクリーンも完備。
(撮影時は年賀状用の和風のセット)

 

少しだけ背伸びした優雅な時間を過ごしていただくべく
オーナー様は「女性の大好きな夢見心地のロマンティックな空間を」とのリクエスト。
甘いピンク基調の上桂店よりは、少し落ち着いた穏やかな淡いブルー基調でまとめた。
ペットの脱走防止と風除室を兼ねたエントランス部分は印象的かつ非日常な壁紙で遊び、
フォト&物販スペースは、抑えたトーンの英国製のシックな壁紙で、商品映えを最優先に。
トリミングとスタッフルームは、働く方々の気持ちが安らぐ、僅かに赤みを含んだ室内に整えた。


写真は無いが、トリミングルームは全体を丸洗いできるのではないかというほど
衛生管理に配慮した仕様が自慢である。

 

オープンして既にもう何度ものリピーター様も虜にしている、腕の良いトリミングも評判。
洋服や雑貨もアメリカから取り寄せたこだわりの逸品揃い。
ラグジュアリーな空間でのワクワクするようなサービスを提供するだけでなく
桂では、シニア犬や介護を必要とするペット達のケアステーションも24時間体制で完備し
総合的にペットと共存共生する社会を目指す骨太な会社である。


〒603-8245
京都市北区紫野西蓮台野町55-3
TEL:075-406-1200
定休日:毎週火曜日 
トリミング:毎週火曜日・木曜日 
AM10:00〜PM6:00

http://www.photo.doggy-j.com/

https://www.facebook.com/doggyjphoto/

設計:久和幸司設計事務所
撮影:UK Architects 上平和慶
昇苑(しょうえん)くみひも 宇治本店

 

2018年で創業70年を迎えられた有限会社 昇苑くみひも様の『宇治本店』。


住居や料亭として使われていた、様々な時代をかいくぐった築100年の町家を活用し
「伝統工芸品としての京組紐」「日常使い出来る京組紐雑貨」の物販スペースの他、
「原料としての組紐」の販売及び商談スペース、ワークショップスペース、本格的な組紐教室など
製品を販売するのみならず、技術や文化を発信する旗艦店としての役割を満たす空間となっている。

 

近くにある工場では

染めから糸撚、撚りかけ、組みあげ等組紐への加工、雑貨の製造など一貫生産を基本としており
職人達の手組みの逸品はもちろん、機械化を図ったからこそのカジュアルな雑貨にも定評がある。

 

設計するにあたり念頭に置いたのは、まったく新しいものに改修するのではなく

古い町家を復元することに注力しようということ。


幾度かの増改築を経た明治時代からの建物であったため

まずは全体を紐解き、社長の幼い頃の記憶とも擦り合わせ

必要な面積と動線・導線の洗い出し、確保と進めた。


『昇苑くみひも宇治本店』前の道こそが

本来の平等院への参道であったと、400年前の文献にも記載されており
本格的に観光産業にも力を入れ出した宇治の『まちづくり』の一環として

歴史在る佇まいの参道に相応しい表情を心がけた。


通りに面した大窓には、十分な採光で正しい色を識別できるようにと

昔の知恵が詰まった紐屋(糸屋)格子を採用。


視線の抜けも良いため、通りから奥の中庭までが見渡せるようになっている。


中庭も元の状態を出来るだけ活かし、築山やつくばいを整えてもらった。

ゆくゆくは草木染めに使える梅やタデアイなども植えて次世代に繋ぐ仕掛けも・・・

 

元々在った、網代天井や玉石敷きの玄関などはそのままに。

障子、唐紙襖、格子、畳など、当たり前の部材や素材を在るべき所に。


社長の思い入れがある『おくどさん』も残し

炊きたてご飯にも石庭にも見える白い寒水砂利を施しディスプレー台として活かしている。

 

店舗導入部分は親しみ易い雑貨を

奥は帯締めなど通好みの品を販売するため
入り口付近は明るく開放的に

通好みの品々は茶室のような空間を設け瓦に近い鈍色で包み込んで差別化している。

 

【昇苑くみひも 宇治本店】
〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽146-2
TEL:0774-66-3535

ホームページ https://www.showen.co.jp/

設計:久和幸司設計事務所
撮影:下村写真事務所 下村康典

SHOP-Car Department

 

SHOP-Asian style