「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
HOUSE B





















HOUSE B
produce by MITSUHASHI


クライアント様からのご要望は
"「スポーツをもっと楽しく!」とのコンセプトのもと
新しいコトを始めるスペースを作りたい"ということ。

京都市は全国で最も建築物のデザイン規制が厳しい自治体。
本物件の場所は数年前に手掛けた"大人のためのスポーツショップ"の東隣。

御池通は戦争時、空襲による類焼防止のため立ち退きを実施した経緯から
道幅も広くオフィスビル等が立ち並ぶ、大阪の御堂筋に近いイメージの通りである。
また条例により特別商業地区とされ、商業地域としての賑わいを求められている。
その一方で、祇園祭や時代祭の巡行のルートにも該当し、建物の形や色や看板にも一定の規制がかけられている。

ショップとして、建物そのものが看板並みにインパクトのある造形であること。
コストは抑えつつ、防火の規制もクリアすること。
さまざま条件の中たどり着いた答えが、木造の平屋であった。
市の景観課様とも幾度も協議を重ね、この様な建物になった。

頭文字の"M"を、折り紙で作り出したミニマルながら印象深いフォルム。
シャープでスポーティーでありつつ、そこはかとない和のイメージ。
床の間の違い棚のように見える、隣のメインビルの窓の明かりと呼応するように
一旦、なだらかに下がった後、グンと跳ね上がる切れ味の良いウインドウ。

「御池通をオモロイようにしたるー」と意気込んだ第二弾。
第三弾も乞うご期待!

HOUSE B
produce by MITSUHASHI


京都市中京区御池通柳馬場上ル虎石町53
TEL:0120-328-450

ホームページ:http://www.3284.net/shopguide/detail.php?sp_id=20

設計:久和幸司設計事務所
写真撮影:下村写真事務所 下村康典



 
Delica鐵扇・MIDORI長野店







Delica鐵扇 MIDORI長野店

北陸新幹線の開通にあわせ、新しくなったJR長野駅ビル"MIDORI"。
その駅ナカショップとしてオープンした
デリカテッセン&スーヴェニアショップを設計させていただきました。

健康食としても評価の高い和食と、ヨーロッパの食文化の融合をコンセプトにした"Delica鐵扇"様。
日常的に気軽に利用していただける親しみ易さと
地元・長野のクラシックホテルならではの格調の高さという要素をつないだキーワードは"素"の世界。

ナチュラルな白木調やあたたかみのある石肌をイメージしたタイルなど
質感で色味を醸すような、素材ありきの設計を心がけました。

坪効率だけにとらわれない贅沢な空間構成を望まれ
鐵扇を図案化したほのかな光沢の美しい京唐紙づかいや
静と動が交錯するドラマティックな壁面など
食文化をとりまくセレクトショップと呼ぶべく店構えを目指しました。

地元の食材をふんだんに使い、ホテルならではの丁寧な調理法で仕上げた極上の味わいを
気軽にテイクアウトして、食卓や列車の中のお食事のひとときを笑顔にしてくれるショップ。
食事にぴったりのワインや日本酒の提案、京都や金沢の老舗とコラボした気の利いたお土産のラインナップにもご注目!

【Delica鐵扇 MIDORI長野店】
〒380-8543 長野県長野市南千歳町1-22-6
MIDORI長野1階
TEL:026-228-8520

ホームページ http://www.delicatessen.co.jp/

設計:久和幸司設計事務所
ロゴマーク・唐紙・スーヴェニア等のデザイン&監修:koha*
写真撮影:下村写真事務所 下村康典


 
大きな地図で見る
phooka




phooka
アイルランドや東欧をはじめ国内外の品々をセレクトした可愛い雑貨屋さん。

リスタートされた新店舗は、広々とした10坪の空間に
大人にも嬉しい可愛いアイテムが心地良く点在しています。

わずか1坪程の小さな店内に、オーナーの伝えたい世界観が凝縮された
以前の店舗では取り扱うことの出来なかった、大きな品々もズラリと揃います。

白い壁とアンティークフローリングの床をベースにヨーロッパで使われていたドアやステンドグラスや家具をディスプレイ。
入り口には、以前の店舗で使っていた素朴なアイアンの看板と気泡ガラスのライト。
オーナー様のおめがねに叶った、あたたかみのある魅力的な商品が並んでいます。

【phooka】
〒604-8111 京都市中京区三条通高倉東入ル桝屋町53-1 Duce mixビルヂング2F・200号
tel&fax:075-708-7046
OPEN:11:00-20:00
毎週月曜定休・火曜不定休
ホームページ:http://ameblo.jp/pukapuka-phooka/

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

 
大きな地図で見る
京都のお魚やさん Ototo Jet


【京都のお魚やさん Ototo Jet】

「魚屋さんに見えない魚屋さん」をコンセプトに
10年前に立ち上げられたOTOTO JET NEXTさまが移転。

新店舗は徒歩や自転車、徐行運転の住民の車などが往き交う、まさに生活に根差した住宅街の一角に佇む。
表面上のデザインも重要ながら、臭いや汚れやメンテナンス対策にも重点を置いた設計で
オープン前は、生臭さや調理の際の煙を心配されていたご町内の方々からも太鼓判&大評判!
魚への愛と、魚屋の誇りを表現したウロコ貼りの壁の木のぬくもりも好評。
お刺身パーティーやバーベキュー用の海鮮、お祝い寿司のようなハレの日メニューから
夕餉の焼き魚や煮付けなどケの日のメニューまで、注文の電話がひっきりなしの御用聞きOKの魚やさんです。

【京都のお魚やさん Ototo Jet】
(ランチは予約限定)
営業時間:AM 10:30〜PM 7:30
定休日:日曜日(祝日は営業)
京都市伏見区桃山町大島25-178
TEL 075・622・1701
ホームページ http://ameblo.jp/ototojetnext/
Facebookページ https://www.facebook.com/ototojetnext/timeline


大きな地図で見る
株式会社トヨペットステーション山科・山科店












株式会社トヨペットステーション山科・山科店
(ダイハツ自動車取扱店)

「カフェのようなショールームを」という
オーナー様のご要望でこの計画がスタート。

勧修寺の近くということもあり京都市景観条例で
建物の形状や色彩に制限がある中での設計となりました。

外観は濃いめのグレーの濃淡で落ち着いたイメージに。
ピロティから内部にいたるダウンライトの並列が美しく
落ち着いた空間を演出してくれています。

質感の良いレンガタイルの奧の赤い壁には
間接照明によりダイハツのロゴが浮かび上がります。

受付カウンター隣のカフェコーナーには
オーナー様ご自慢のカプセル式コーヒーマシンが並び
訪れたお客様を美味しいコーヒーでもてなしてくれます。

今までにないスタイルのカーディーラーに仕上がりました。

設計デザイン:久和幸司設計事務所

【株式会社トヨペットステーション山科・山科店】
京都市山科区勧修寺御所内町24-7
TEL. 075-575-5050

ホームページ:http://www.toyopetstation-y.co.jp/


大きな地図で見る