「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
<< 【SHOP-European style】洋風の店舗設計 | main | QA'S WORKS カテゴリー >>
草風土(そうふうど)うしのほね

1985年(昭和60年)創業。
京町家でおばんざいをいただくスタイルの草分け『うしのほねグループ』の新店舗。

先斗町のお茶屋の風情を色濃く残した空間を
“野趣溢れる質感”と”端整なリズム感”と”ほんのりした艶やかさ”の
黄金比を探りながら設計した料理屋。

繊細な格子木が象徴的なしっとりとした情緒漂う先斗町から、
鴨川沿いに広がる納涼床(夏期のみ)までをつなぐ
まさに”鰻の寝床”の細長い空間。

京町家の”おくどさん”のようなカウンターに迎えられ、塗り壁の廊下を抜ければ、
鴨川越しに東山を抱く絶景を目の当たりにする。

二階には4名、8名、10名、18名に対応できる個室もあり
お座敷が辛い世代の方にも安心して楽しんでいただけるよう、座面の低い椅子席も完備。

古くからの壁、天井、窓、柱などを生かしつつ
新たに作り込んだ構造体や建具の塗装を馴染ませたり、あえて塗り分けたりと
空間を使い分けてみた。

近年、多国籍な料理店が増え
味わえる料理も店構えも行き交う人々もインターナショナルになった先斗町。
その中で、古き良き時代を彷彿とさせる先斗町ならではの面持ちを復刻させた。

土から作り込んだ自然の恵みである野菜と、新鮮な魚介をメインにした料理屋らしく
藁を混ぜた土壁とつるりと濡れたように見えるタイルの対比が美しい。

昔ながらの先斗町を知る世代には懐かしく、
現在の先斗町を通りゆく若い世代には「いつか先斗町で食事してみたいね」と憧憬を抱いてもらえるような王道の料理店。

【草風土(そうふうど)うしのほね】
〒604-8003 京都市中京区先斗町三条下る橋下町136
TEL:075-212-8224

ホームページ http://www.soufuudo-ushinohone.com/index.html

設計: 久和幸司設計事務所
ロゴマーク・印刷物デザイン・のれん・花器等床の間室礼:koha*
照明・音響:UK ARCHITECTS 上平和慶
撮影:下村写真事務所 下村康典

COMMENT









Trackback URL
http://qas.amgrrow.com/trackback/76
TRACKBACK