「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
<< Porte deux lampes | main | 【SHOP-European style】洋風の店舗設計 >>
亥之吉 ino-kichi

 

 

創業昭和14年。
京都で型友禅やプリントにたずさわってきた染色会社のファクトリーブランドの直営店。
5年前から、和柄をモダンにアレンジした布製品を百貨店催事やECサイトで販売されてきた実力派。
旗艦店出店地として選ばれたのは、観光客で賑わう”京の台所・錦の商店街”と
地元客からも親しみを込め「大丸さん」と”さん付け”で呼ばれてきた百貨店のすぐ近くという好立地。

約15屬離灰鵐僖トな店内には、可動式のテーブルの他、壁面や天井吊りを生かしたディスプレースペースが効率良く組み込まれている。


場所柄、”京土産のイメージを醸し出す和風店舗にすべき”か
”ニュートラルなイメージのナチュラルテイストにすべき”か、迷われるところではあったが
クライアントの最終判断は『白を基調としたナチュラルな店構え』。

奥行きの浅い店内全体を一枚の完成された絵画のように見立て、ガラス引き戸を全開にして
その絵画の中の世界に踏み込んで行けるような楽しさがある。

ブランドのイメージカラーとして定着しているターキスブルー(ターコイズブルーの染料名)を
箱文字と木建具とフラッグに配しただけのシンプルな構えに
工場より直送される、季節を告げるモダンな和柄が楽しげに並ぶ様は圧巻。
手捺染やインクジェットによるプリントなど、幅広い方法で表現された布の妙味は京都ならでは。

【亥之吉 ino-kichi】
〒604-8125 京都市中京区魚屋町510-3
TEL:075-256-7077   
ホームページ:http://www.kyobiijt.co.jp/brand/

設計:久和幸司設計事務所
撮影:UK ARCHITECTS 上平和慶

COMMENT









Trackback URL
http://qashl.jugem.jp/trackback/75
TRACKBACK