「 株式会社アマゲロ・久和幸司設計事務所」
草風土(そうふうど)うしのほね

1985年(昭和60年)創業。
京町家でおばんざいをいただくスタイルの草分け『うしのほねグループ』の新店舗。

先斗町のお茶屋の風情を色濃く残した空間を
“野趣溢れる質感”と”端整なリズム感”と”ほんのりした艶やかさ”の
黄金比を探りながら設計した料理屋。

繊細な格子木が象徴的なしっとりとした情緒漂う先斗町から、
鴨川沿いに広がる納涼床(夏期のみ)までをつなぐ
まさに”鰻の寝床”の細長い空間。

京町家の”おくどさん”のようなカウンターに迎えられ、塗り壁の廊下を抜ければ、
鴨川越しに東山を抱く絶景を目の当たりにする。

二階には4名、8名、10名、18名に対応できる個室もあり
お座敷が辛い世代の方にも安心して楽しんでいただけるよう、座面の低い椅子席も完備。

古くからの壁、天井、窓、柱などを生かしつつ
新たに作り込んだ構造体や建具の塗装を馴染ませたり、あえて塗り分けたりと
空間を使い分けてみた。

近年、多国籍な料理店が増え
味わえる料理も店構えも行き交う人々もインターナショナルになった先斗町。
その中で、古き良き時代を彷彿とさせる先斗町ならではの面持ちを復刻させた。

土から作り込んだ自然の恵みである野菜と、新鮮な魚介をメインにした料理屋らしく
藁を混ぜた土壁とつるりと濡れたように見えるタイルの対比が美しい。

昔ながらの先斗町を知る世代には懐かしく、
現在の先斗町を通りゆく若い世代には「いつか先斗町で食事してみたいね」と憧憬を抱いてもらえるような王道の料理店。

【草風土(そうふうど)うしのほね】
〒604-8003 京都市中京区先斗町三条下る橋下町136
TEL:075-212-8224

ホームページ http://www.soufuudo-ushinohone.com/index.html

設計: 久和幸司設計事務所
ロゴマーク・印刷物デザイン・のれん・花器等床の間室礼:koha*
照明・音響:UK ARCHITECTS 上平和慶
撮影:下村写真事務所 下村康典

Delica鐵扇・MIDORI長野店







Delica鐵扇 MIDORI長野店

北陸新幹線の開通にあわせ、新しくなったJR長野駅ビル"MIDORI"。
その駅ナカショップとしてオープンした
デリカテッセン&スーヴェニアショップを設計させていただきました。

健康食としても評価の高い和食と、ヨーロッパの食文化の融合をコンセプトにした"Delica鐵扇"様。
日常的に気軽に利用していただける親しみ易さと
地元・長野のクラシックホテルならではの格調の高さという要素をつないだキーワードは"素"の世界。

ナチュラルな白木調やあたたかみのある石肌をイメージしたタイルなど
質感で色味を醸すような、素材ありきの設計を心がけました。

坪効率だけにとらわれない贅沢な空間構成を望まれ
鐵扇を図案化したほのかな光沢の美しい京唐紙づかいや
静と動が交錯するドラマティックな壁面など
食文化をとりまくセレクトショップと呼ぶべく店構えを目指しました。

地元の食材をふんだんに使い、ホテルならではの丁寧な調理法で仕上げた極上の味わいを
気軽にテイクアウトして、食卓や列車の中のお食事のひとときを笑顔にしてくれるショップ。
食事にぴったりのワインや日本酒の提案、京都や金沢の老舗とコラボした気の利いたお土産のラインナップにもご注目!

【Delica鐵扇 MIDORI長野店】
〒380-8543 長野県長野市南千歳町1-22-6
MIDORI長野1階
TEL:026-228-8520

ホームページ http://www.delicatessen.co.jp/

設計:久和幸司設計事務所
ロゴマーク・唐紙・スーヴェニア等のデザイン&監修:koha*
写真撮影:下村写真事務所 下村康典


 
大きな地図で見る
昇苑くみひも














【昇苑くみひも】

平安時代に京都の王朝文化を優雅に演出した京組紐。
昇苑くみひも様は京都宇治にて60年間、和装の帯締めから始まり
和雑貨の企画・生産・卸を行っておられる会社です。
自然が生み出す宝石のように美しい光沢のあるシルクを紡いで作られる糸を使い
3500種とも言われる組み方の中から組み上げて、高品質で魅力的な“くみひも”を作られております。
今回、本社ショールーム&商談室を設計させて戴きました。

店舗設計:久和幸司設計事務所

【昇苑くみひも】
所在地:京都府宇治市宇治妙楽146-3
電 話:0774-23-5510
ホームページ:http://www.showen.co.jp/

大きな地図で見る
デイサービスセンターCASA六瓢


















【デイサービスセンターCASA六瓢】

江戸時代中期より西陣織の中心地として栄え、一日千両に値する生糸・織物を商ったと伝えられる
『千両ヶ辻』(大宮通今出川界隈)に在る、糸割符商人『渤海家』跡。

同じく西陣の地で、三代に渡り医療活動に携わる施主様がこの地に過ごされてきた方々の憩いの場となる
介護施設として活用されるお手伝いをさせていただきました。

昔ながらの木造建築物の造りを活かした温かみ、風情溢れる庭の面影はそのままに。

施設としての機能性は万全に、しかし日本旅館さながらの贅沢な設えが
利用者の方々の心の潤いや誇りをしっかりと支え豊かな時間を過ごしていただけるように。
バリアフリーで随所に設置した手摺りやリフトのある入浴設備は、もちろん介護施設の装備ですが
檜風呂、屏風絵のような壁面やステンドグラス、施設らしからぬ家具や調度品は
ゆったりした上質感と程良いときめきを生み出してくれます。
相反する要素の融合は、困難を極めつつもやり甲斐のある仕事となりました。

店舗設計:久和幸司設計事務所
ロゴマーク:koha*

【デイサービスセンターCASA六瓢】
所在地:京都市上京区大宮通元誓願時下ル北之御門町565番
電 話:075-366-3952
ホームページ:http://casamubyo.com/

大きな地図で見る
西出奈良漬本舗






【西出奈良漬本舗】

創業大正3年の奈良漬の名店、西出奈良漬本舗さまの店舗を設計させて戴きました。
全国有名酒蔵から仕入れた酒粕をブレンドして熟成させて漬けられた奈良漬は絶品。

鉄骨造の建物を木造建物のように見せるため様々な工夫を凝らした建物です。外観は瓦屋根・屋根看板・銅の雨樋・銅の行灯の採用。出入口には琥珀色に美しく染め上げられた紋入りの暖簾。店内は格天井や削り模様が特徴的な羽目板を間接照明の光が優しく包み、西出奈良漬本舗さまオリジナルの模様を施した日吉屋さまの「古都里」ペンダントライトが空間にアクセントを添えている。

店舗設計:久和幸司設計事務所

【西出奈良漬本舗】
所在地:奈良市三条町483
電 話:0742-22-4281
ホームページ:http://www.naraduke.jp/

アクセス
JR 奈良駅より徒歩3分
近鉄奈良駅より徒歩8分

大きな地図で見る
京・渡月橋 玉兎
【京・渡月橋 玉兎】
京都の嵯峨・嵐山を中心に料亭・レストランなど多数展開されている株式会社ターニング様の新規店舗。嵐山の情緒溢れるロケーションの中、落ち着いた雰囲気でお料理を楽しんで頂けるよう、竹や格子の和の素材を用いてやわらかな印象のある空間に仕上げた。
壁面のニッチに掛けているパネルは京唐紙を用いてアクセントとした。
店舗設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン・ディスプレイデザイン:koha*
嵯峨とうふ 稲
稲

稲

稲

稲

 【嵯峨とうふ 稲】

嵐山の天龍寺前にある汲みあげ生湯葉や湯豆腐が名物のお店。
木造の古い建物を全改装して上品な空気が漂う和のお店へと変貌させた。
入口を入ってすぐの大きな鉄製の釜からはいつも湯気が立ち上り、観光で行き交う人の食欲をそそり続ける。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

嵯峨とうふ 稲
京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19


大きな地図で見る
炉端・鮨【螢】
螢

螢

螢

螢

螢

螢

 炉端・鮨【螢】

大正時代の洋館脇に密かに作られた螢憩う小径。
鏡面仕上げのドアに反射する情景が、人々を誘う仕掛けになっている。

正統派の炉端焼きの醍醐味を味わうカウンター席、
京唐紙の風情溢れる建具に囲まれた、庭の見える個室。
テーブル席、座敷など用途に応じた空間を用意。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

京都市中京区三条烏丸西入ル御倉町79 文椿ビルヂング1階

うしのほね 本店
うしのほね

うしのほね

うしのほね

うしのほね

うしのほね

うしのほね

うしのほね

うしのほね

 【うしのほね 本店】

先斗町の参番路地奥にある古いお茶屋を改装した。ベーシックで清潔なイメージの豆絞りの手拭いのイメージからくる白と紺色を基調に、麻布を重ね張りした塗り壁や影絵の浮かび上がる障子などで、日本人の心の琴線に触れる「質感」や「光と影」を表現した。通りから路地奥に目をやると一番に飛び込んでくる、枝振りの良い松の盆栽に誘われるように、人々は足を止め豆風に吸い込まれる仕掛け。大正時代の応接間をイメージした個室、影絵のお座敷個室、会合も出来るお座敷、テーブル席などお茶屋の風情を残しながら、様々な空間バリエーションを用意した。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

京都市中京区先斗町三条下ル若松町137-12

御幸町純心軒
御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

御幸町純心軒

【御幸町純心軒】

屋号入りの丸電灯とガラスブロックからもれる明かりが黒壁に浮かぶ控えめなファサード。竹暖簾の掛かる薄明かりのアプローチをくぐり引き戸を開けると、待合いの吹き抜けから町家の梁が圧倒的な存在感を見せつける。ステンレスとモルタルだけで徹底して作り込んだ極めて機能的な調理場に向き合うのは、徹底的にシンプルなカウンター席。料理人のパフォーマンスを五感で食せるダイニング・スタジアム。ゆったりととった通路からデッキにころがる大苔玉や坪庭が眺められる。オレンジ色の壁と天井にミラーチャームがきらめくVIPルーム。頭までもたれられるソファがくつろぎを誘う。デッキ脇の円卓席。懐かしいイメージの壁や照明に、最近ではあまり見かけない額装された絵画が掛けられ、そこはかとないよそゆき感が漂う。単管パイプ、モルタル、ウッドによる異素材の質感がぶつかり合いながら馴染み、元々の町家の梁や柱との力強いコントラストを描く。赤絨毯にグラスビーズペンダントがクラシックな個室やカップルシートなど、様々な空間を用意して、意外性や使い勝手の良さを重視した。

設計:久和幸司設計事務所
ロゴデザイン:koha*

京都府京都市中京区大文字町351−1